創業明治25年 京都 青木光悦堂

創業の歴史・精神History and spirit of establishment

京都祇園に建立された臨済宗建仁寺派の大本山 建仁寺とのご縁が
今日の青木光悦堂の礎であることは、とてもありがたいことです。

青木光悦堂の創業者である青木タカが「建仁寺納豆」の名で
臨済宗建仁寺派の大本山「建仁寺」にゆかりあるものとして明治25年に創業いたしました。

創業当時の看板は向かって右側より「建仁寺納豆」と書かれています。
現在も創業者の魂を受け継ぐように、弊社事務所のいつでも見えるところに掲げています。

創業の精神Founding spirit

襷(たすき)を繋いで百十余年。二代目久三郎が菓子問屋を始め、
三代目久太郎が昭和五十一年、 株式会社青木光悦堂を設立。

創業者タカの念いを受け継ぎ平成十三年より四代目隆明が社長に就任。

「頼りになる問屋」、「愛される問屋」を目指し、日々改革の精神で勤労、勤勉に今日まで努め、
本物のお菓子を求めた厳格な姿勢の精神が今でも脈々と私たちに流れています。

それは、本阿弥光悦の「十人中、五、七人が正宗の刀と極めても、 確かに〈正宗〉だと極めない厳格な姿勢と強い倫理観、
そして、刀目利きとしての自信」を受け継いでいるからと思われます。

菓子職人の魂のこもった『心なごむ故郷の銘菓®』で、お客さまの喜びを創造することを創業の精神として精進しています。
そのためにも、「一つ一つを丁寧に、一人一人を大切に」の心で、本物の銘菓を日本中に、世界中にお届けします。

ロゴマークの丸は古くから円(縁)を結んで「ものごとが万事丸くおさまる」という
意味を持つ、縁起の良いモチーフです。

御縁を大切に商売させていただいていますという創業から引き継いだ心構えです。
わが町京都を円でイメージし時計の文字盤でいう3時の位置に創業の地京都市東山区建仁寺町、
11時の位置に北区鷹ヶ峰光悦寺、5時の位置に山科区大宅の現本社を3つのアクセントで表しています。

また、先人達の努力の上にいまのわたし達がいるという畏敬の念を持ち続ける意味があります。